FC2ブログ
脱サラをして司法書士に転身し、平成21年12月に地元千葉県市川市で開業したアラフォー男のつぶやき
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日の朝日新聞に司法書士関連の記事が載ってましたね。

記事の内容は、
日本司法書士会連合会が、債務整理の報酬の上限設定を検討し、
広告の指針を作るというもの。

残念ながら、弁護士や司法書士に債務整理を依頼した方が、
高額報酬で二次被害に遭うという問題が発生しているため、
連合会が動いたという形です。

困って依頼された方が、問題を解決してもらう場所である
弁護士、司法書士のもとで、また更に被害に遭ってしまう
断じてあってはならないことだと思います。

もちろん、ほとんどの弁護士や司法書士が、誠実に業務を行い、
依頼者の方に受任時に報酬体系の説明をして、納得してもらって、
正当な報酬を請求していると思いますが

ごく一部に高額報酬を請求する者たちが居るのも事実のようです。

司法書士の報酬は、2001年に自由化されたのですが、
こういう事情で上限を定められるということ自体が、本当に情けないです。
ただ、実際に被害に遭われる方がいる以上、やむを得ない措置だと思います。

スポンサーサイト

【2010/02/24 12:39】 | 未分類
トラックバック(0) |

No title
VIPPERな名無しさん
二次被害という表現はおかしいですよ。
もともと消費者金融から借りることは被害ではないですから。

報酬上限は3%に設定されるという案もあるそうですので、実現すれば過払いブームは終わりです。

もともと貸金業界の要請で始まった規制案ですので、貸金業者を助ける効果が期待できます。

ただ、それでサービスを受けられなくなる人が大勢出てくるので、公取委は違法との判断を下すでしょう。

No title
ヨシダ
VIPPERな名無しさん

コメントありがとうございます。

上限規定の具体的な案については初耳です。
それが事実なら私のイメージとはどうも違うようです。
行き過ぎた規制は、サービスを受ける機会を逆に奪うことになるので、
仰るとおり公取委はNOと言うでしょうね。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
No title
二次被害という表現はおかしいですよ。
もともと消費者金融から借りることは被害ではないですから。

報酬上限は3%に設定されるという案もあるそうですので、実現すれば過払いブームは終わりです。

もともと貸金業界の要請で始まった規制案ですので、貸金業者を助ける効果が期待できます。

ただ、それでサービスを受けられなくなる人が大勢出てくるので、公取委は違法との判断を下すでしょう。
2010/02/27(Sat) 09:05 | URL  | VIPPERな名無しさん #quSBhyNc[ 編集]
No title
VIPPERな名無しさん

コメントありがとうございます。

上限規定の具体的な案については初耳です。
それが事実なら私のイメージとはどうも違うようです。
行き過ぎた規制は、サービスを受ける機会を逆に奪うことになるので、
仰るとおり公取委はNOと言うでしょうね。
2010/03/01(Mon) 13:13 | URL  | ヨシダ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。